■子どもたちがあこがれる教師になるために
■トップページ > サークル案内> TOSS高知 
■TOSS高知
セミナーアイコンセミナーに参加したら、次はサークルに参加しよう
・本を読んでもなかなか上手く授業がいかない。講座を何度も受けているのに授業が上手くいかない。なぜなのでしょうか?

・ 本を読んだり、講座に参加したりというのは、教師修業の入り口に過ぎません。サークルこそ教師修業の場です。サークルに参加するようになって,サークルで仲間とともに授業を検討をして、すこしずつ授業がうまく出来るようになります。一緒にセミナーに参加して、すこしずつすこしずつ教師としての技量が高まっていくのです。教師修業は果てしなく。
・サークルに参加すると元気になります。明日も頑張ろうと言う気持ちになります。それは、サークルに参加することで、自分自身の学びがあるからです。仲間とともに学び合う中に、明日に活かせるヒントがあるからです。
 

・メール情報配信サービス

まずはメール情報配信サービスにご登録ください。
・このサイトの更新情報を中心に,研修会などのご案内をメールでお送りします。
 ・登録停止メールフォームからお名前とメールアドレスだけで登録できます。
 ・無料です。メール配信が不要な場合は,同じメールフォームからお手続きください。
このサイトについて
 

・サイトのソーシャルメディア

このサイト以外のソーシャルメディアにご登録ください。
Googleカレンダー:スケジュール管理にご利用ください。
Facebook:こうちのTOSSを「いいね!」してください。
Twitter:こうちのTOSSを「フォロー」してください。
・高知県内あるいは四国内、さらに全国で行われている活動について知って下さい。
 
■高知のTOSSについて
■高知のサークルの例会にご参加ください。
・私たちと一緒に「子どもたちがあこがれる教師になるために」学んでいきませんか。
・高知県内、全国にあるTOSSサークルで、ご参加をお待ちしています。
 

・高知のTOSSネットワーク

高知のTOSSとは,高知県内のTOSSのサークルのネットワークです
・私たちは,高知県内の小学校・中学校・高等学校に勤務する教員です。私たちは,TOSS
の活動に賛同し,TOSSが提案する教育技術を使い,授業実践や学級経営を行っています。また,TOSSの教育技術を広め,教師の社会貢献活動を推進しています。
・私たちと一緒に「子どもたちがあこがれる教師になるために」学んでいきませんか。
サークル案内
 

・TOSS高知

TOSS高知は、高知県内の各サークルや団体により構成されています
【専門分野】
・TOSS南国港free-way、法則化授業力アップ、 法則化中学高知小夏、 法則化高校高知そらまめ、 法則化高知二十四万石、 高知法則化四万十、 高知法則化くろしお、 高知学生サークル   
【社会貢献活動分野】
・五色百人一首協会高知県支部、 親守詩実行委員会、 伝統文化教室実行委員会、 こうち子ども観光大使実行委員会
 

・TOSS南国港free-way

TOSS南国港free-way で模擬授業に挑戦しませんか
・学生・小・中・高の教員がそろっているサークルです。 TOSSで学ぼうという「志」で、模擬授業に挑戦しています。 模擬授業やレポート検討で意見を言いながら学習会をしています。もちろんおしゃべり会で癒し系サークルも兼ねています。サークルで元気になり、授業力をつけ、心の港となる教師になることをめざしています。

■まずはサークル見学から,お気軽にご参加ください。
・内容:模擬授業の検討,セミナーの報告会など(月1回程度)
・場所:高知県教育センター本館2F,教科研究センター(高知県高知市大津)
・代表:藤﨑富実子,連絡先:fujisaki★★tosskochi.net(★★を@に)
・WEB:TOSS南国港free-way
もっと詳しく
 

・高知法則化授業力UPサークル

高知法則化授業力UPサークル どの教科でも大歓迎
・中学教員のサークルです。毎月1回集まって,日頃の授業実践を情報交換しています。情報交換では,授業実践レポート,定期テスト,自身の授業動画などを持ち寄ります。サークルがあるから、レポートを書いたり、自分の授業をビデオ撮影しようという気持ちが生まれます。一人では絶対に集めることのできない情報量を学ぶことができます。また、サークル内でおしゃべりをして日頃のストレス発散もしています。数学を中心としていますが、どの教科でも大歓迎です。中学・高校教員の先生方、一緒に学びませんか?

■お気軽にご参加ください。
・内容:授業実践レポート,自身の授業動画などの情報交換(月1回程度)
・場所:高知県教育センター本館2F,教科研究センター(高知県高知市大津),他
・代表:中川貴之,連絡先:nakagawa★★tosskochi.net(★★を@に)
もっと詳しく
 

・高知法則化くろしお

高知法則化くろしお で子どもたちに成功体験を!
・跳び箱ができた!漢字が全員100点になった。女子より男子の方が二重とびができるようになった。こんな事実をつくってみたいと思いませんか。ちょっとした技術でクラスが変わります。 その他,何でも困っていることがあったら,お知らせください。

■お気軽にご参加ください。
・内容:指導案や模擬授業の検討,(月1回程度)
・場所:高知市立潮江小学校(高知県高知市百石町)
・代表:細川晃,連絡先:hosokawa★★tosskochi.net(★★を@に)
もっと詳しく
 
■TOSSについて
・TOSSとは,TOSS代表,TOSSの考え方,全国のTOSSサークル
 

・TOSSとは

TOSSロゴTOSSとは,Teacher's Organization of Skill Sharing のことです。
・TOSSの 会員は1万人を超えます。 日本最大の 教師による 研究団体です。
・授業・教育にすぐに役立つ教育技術・指導法を開発し、集め、互いに追試し、検討しあって自らの授業技術を高め、そのような技術や方法を全国の教師の共有財産にしようと努める教師の研究団体です。
TOSS公式ホームページ(外部サイト)
 

・TOSSの代表は

TOSS代表: 向山 洋一 氏
・元東京都公立小学校教諭,上海師範大学客員教授,日本教育技術学会会長。著書は『授業の腕をあげる法則』、『子どもを動かす法則』、『学級を組織する法則』、『いじめの構造を破壊せよ』(明治図書)等100冊以上あります。
 

・TOSSの由来

TOSS(Teachers Organization of Skill Sharing)の由来
(旧TOSSランド,ヘルプのページより)
・TOSSは、教師が一人だけで苦しまず、優れた教師とても授業の技量を秘匿せず、先生方みんながそれぞれ持っている得意な教育技術、教育指導のスキルを、互いに情報交換しようという運動を起こした。それは、20世紀末の18年間、教育技術の法則化運動と命名され、自主的な運動として花開いた。合宿研修での学びあい、教育技術の書籍、授業書シリーズの出版などで広く紹介された。教育技術の法則化運動、は若い教師を中心に広がり、日本で最大の教育研究団体になった。

・21世紀になり、インターネットというテクノロジーに出会うと、それが、教師お互いのスキルの学びあいや情報の交換という理念にぴったりのツールであることが分かった。しかもリアルタイムの交流が出来るようになった。教育技術の法則化運動は、インターネットの時代を迎えて勢いを得た。TOSS(Teachers Organization of Skill Sharing)と名前を変えて再出発したのである。それがTOSSの由来である。

・ そして、TOSSは、2000年5月、上述の考えにのっとって、授業に役立つ教師のためのポータルサイトTOSSランドを構築し、公開した。本サイトに登録された全コンテンツがTOSSのメンバーの制作である。

・子どもが漢字を正しく書ける、算数の原理と計算力がきちんと身に付く基礎学力の定着にはどのように指導すればよいか?小学校英会話教育、特別支援の教育などをどう指導するか?学習内容が分からない子どもの指導はどうするか?クラスが荒れてしまった時どうするか?給食の時ケンカが起こったらどうするか?若く教師になったばかりの先生は何も分からず一人で苦しんできたことが多い。大学での授業でも学校内の研修でも、公的な行政研修でも、そういうことは教えないからである。このような具体的な教育問題に正対し、あらゆる教育場面での教育技術の確立をめざしているのがTOSSである。
 

・TOSSの考え方とは

■「教育技術の法則化運動」の四つの理念
・1984年に掲げた「教育技術の法則化運動」の四つの理念を紹介します。TOSSとなった今もこれは変わりません。
1 教育技術はさまざまである。出来るだけ多くの方法を取り上げる。( 多様性の原則)
2 完成された教育技術は存在しない。常に検討・修正の対象とされる。( 連続性の原則)
3 主張は教材・発問・指示・留意点・結果を明示した記録を根拠とする。( 実証性の原則)
4 多くの技術から,自分の学級に適した方法を選択するのは教師自身である。( 主体性の原則)

授業の原則十ヶ条(TOSSの掲げる教育指導技術)
・TOSS代表の向山洋一が授業の腕をあげる法則として挙げた10の原則がまとめられています。
1)趣意説明の原則、
2)一時一事の原則、
3)簡明の法則、
4)全員の原則、
5)所持物の原則、
6)細分化の原則、
7)空白禁止の原則、
8)確認の原則、
9)個別評定の原則、
10)激励の原則。

新卒教師十ヶ条(TOSSの掲げる教育指導技術)
・TOSS代表向山洋一が新卒教師の心がけるべき10の事柄がまとめられています。
第1条)挨拶は自分からせよ
第2条)わからないときは、自分から教えてもらえ
第3条)授業・実践の記録を必ずつけよ
第4条)教室を設計せよ
第5条)学級を組織せよ
第6条)授業計画は明確に立てよ
第7条)いかなる結果も自分の責任としてまず考えよ
第8条)プロの技術を身につけたいのなら身銭を切れ
第9条)他人より10%程多くの努力をせよ
第10条)研究授業は自分からすすんでやれ
 

・授業の原則ダウンロード

・全国のTOSSサークル

セミナーアイコン教師としての技量を向上させたい!
・教師としての技量を向上させたい先生は,お近くのTOSSサークルへご参加ください。参加費などはいりません。授業の腕を、模擬授業の検討を通して高め合います。 また、教師同士なので、学級経営の悩みも気軽に相談し合えます。
・サークル参加をきっかけに、学級崩壊から生還したり、「楽しい!」と子どもから声が上がる授業ができるようになった先生が数多くいます。子どもの未来を輝かせる、楽しい教師人生がきっと待っています!
 
サイト内検索

サイト内リンク
教師向けセミナー子供向け取り組み教育コンテンツ関連書籍資料サークル案内このサイトについてお問い合わせ

・活動スケジュール

 

・関連リンク

・モバイルリンク

■このサイトは,スマートフォンや携帯電話などのモバイル端末に対応しています。QRコードを端末で読み取りアクセスできます。
 QRコード
・コンテンツの一部は,モバイル端末では表示されません。その場合は,パソコンなどからアクセスしてください。
 

   Copyright(C)2009-2017 TOSS-kochi All rights reserved   
PAGE TOP