■子どもたちがあこがれる教師になるために
■トップページ > 教師向けセミナー> 終了したセミナー> 2018授業改善セミナー 
■2018授業改善セミナー
先生が解き方指導をできるようになり、子どもたちが自己の能力を発揮できるようになる
2018全国学テの結果をふまえた授業改善セミナー の最新情報をお知らせします
セミナー画像
 

・ニュースレターの掲載

□更新:2018/02/12-09:33
盛会御礼、42名の方にご参加いただきました。ありがとうございました。
管理職・行政職8名が参加!「目から鱗」の指導法に驚嘆の声!
・思い切って参加させていただいて、本当に良かったと思いました。全国学テや授業改善、その他に対してこれまで抱いていた疑問点について、すっきり明快に教えていただき、本当にスッキリしました。しかも、その対策が具体的に示され、体験させていただき、納得することばかり!「これから取り組もう!」「これならやれそう!」と元気もいただき感謝です。〈公立小学校 校長〉
セミナー画像 セミナー画像 セミナー画像

参加者の声を掲載したニュースレターをご覧ください
・ニュースレターのダウンロードは、下のブロックのリンクよりお願いします。 
・ケータイやスマートフォンのブラウザではリンクが表示されません。その場合、PCパソコンのブラウザよりアクセスしてご利用ください。
 

・書籍の紹介チラシを掲載

セミナー画像□更新:2018/02/12-15:22
セミナーの資料、『学テ国語B問題』の紹介チラシを掲載しました
・B問題、現場が直面する3つの苦悩とは?
・この3つの苦悩から脱出するには?
・著作:椿原正和・出版:学芸みらい社・ 発売日: 2017/8/18
・紹介チラシのダウンロードは、下のブロックのリンクよりお願いします。 
・ケータイやスマートフォンのブラウザではリンクが表示されません。その場合、PCパソコンのブラウザよりアクセスしてご利用ください。
 

・教師用教材の紹介チラシを掲載

セミナー画像□更新:2018/02/12-15:49
セミナーの資料、「答え方スキル」の紹介チラシを掲載しました
「作業でらくらく答え方スキル」正進社
・答え方スキル解説書、指導映像収録DVDなどを含む教師用教材
・教育現場の3つの苦悩と児童が抱える3つのストレスを、3つの作業で解決に導きます!

・紹介チラシのダウンロードは、下のブロックのリンクよりお願いします。 
・ケータイやスマートフォンのブラウザではリンクが表示されません。その場合、PCパソコンのブラウザよりアクセスしてご利用ください。
 

・チラシなどのダウンロード

■セミナーのご案内
先生が解き方指導をできるようになり、子どもたちが自己の能力を発揮できるようになる
2018全国学テの結果をふまえた授業改善セミナー
・2018年2月10日(土)13:30~16:30:高知市文化プラザかるぽーと 終了しました
・全国42会場すべて定員超えの大人気セミナー。
・好評につき全国都道府県10会場限定で第3期開催決定! 高知県がその1つに選ばれました!!
・後援:高知県教育委員会、高知市教育委員会、南国市教育委員会、香南市教育委員会、香美市教育委員会
 

・日時や会場など

・日 時:2018年2月10日(土) 受付13:00~、講座13:30~16:30(3時間)終了しました
・会 場:高知市文化プラザかるぽーと・9F学習室
・資料代:2000円(当日受付にて支払い)
・主 催:TOSS高知
・後 援:高知県教育委員会、高知市教育委員会、南国市教育委員会、香南市教育委員会、香美市教育委員会
 

・時間の訂正について

セミナーの時間は、受付13:00~、講座13:30~16:30(3時間)となります。
・WEBページなどでご案内しておりました講座時間に誤りがありました。大変申し訳ありません。お詫びの上、訂正させていただきます。
・WEBページなどでご案内しておりました時間よりも1時間ほど長い講座時間となります。どうぞ講座終了時間をご確認の上、最後までご参加いただきますようお願いいたします。
 

・国語Bセミナーのポイント(動画)

・セミナーのポイント

過去問特訓→チーム学校としての授業改善で学力を上げたい先生にオススメ
ポイント1 どの子も同じ土俵で取り組める
◇全国の公立学校で、子ども相手に授業をした実績のある内容です。学力調査の際、子どもがすぐあきらめたり解答欄が白紙だったりする光景をよく見かけます。多くは学力以前の問題で、情報量の多さに戸惑っているのです。全ての子どもが問題に立ち向かうための指導法を提案します。
ポイント2 「解き方」には基本がある
◇学力B問題の長文読解は「物語文」「説明文」「PISA型」の3パターン。それぞれのパターンに対応した解き方のポイントを3つずつ提案します。「丸で囲む」「線で結ぶ」「書き込む」など,子どもたちが作業をしながら答えを導き出せる解き方です。
ポイント3 「チーム学校」で取り組める
◇担任だけでなく、管理職、指導主事、研修主任の皆様にこそご参加いただきたい内容です。熊本では、参加された管理職の学校で、開催後1ヶ月以内に2校の校内研修会と6会場のセミナーが実施されました。島根県の学校では,6名中2名が100点という結果が出ました。チームで取り組むことができ、授業改善に生かすことのできる内容です。
 

・講師のご紹介

セミナー画像椿原 正和 氏
・熊本大学大学院教育学研究科教育専攻修了
・現在、熊本県公立小学校教務主任
・日本教育技術学会理事、TOSS授業技量検定九段
・向山型国語専任講師として全国各地で講師を務める。熊本県内だけでなく、県外でも多数の校内研に呼ばれ、飛び込み授業や講演を行っている。
 

・講師の参考図書

学テ国語B問題 ── 答え方スキルを育てる授業の布石
・著作:椿原 正和・出版:学芸みらい社・定価:2160円・ 発売日:2017/8/18

 

・講座内容

講座1 学校全体で学力向上に取り組むことで生まれた「子どもの事実」
→相良南小学校(熊本県)で、記述式問題を全員が解けるようになったのはなぜか?その取り組みを紹介します。
講座2 子どもが問題を読むようになる 「条件付き問題」の授業
→条件付き記述問題では、問題を読み、条件を満たしながら書く必要があります。どのように指導すればよいのか、実際に子どもの解答用紙を示しながら解説します。
講座3 作業によって「問題をよく読む」ようにする PISA型問題の授業
→全国学力テストを用いた授業実践を再現します。〇で囲む、線で結ぶ作業で、消去の仕方で、選択肢問題の正答率が高くなります。
講座4 全員が記述式問題で満点をとれるようになる 「書き込み」の指導
→物語文教材を用いて,読みを深める方法を提案します。設問文に「書き込み」をすることで理解が深まります。
講座5 学校にB問題対策システムを導入するイロハ
→学力向上は「チーム学校」で行うこと大事です。全国学力テストを目的にするのではなく、目指す力を育てるための日常の授業改善などを、校内研修の映像をもとに解説します。
講座6 Q&A
→皆さまからのご質問にお答えします。
 

・向山型「国語B問題」指導法(動画)

・アクセスマップ・かるぽーと

高知市文化プラザかるぽーと・中央公民館
・住所: 高知市九反田2−1 ・WEBページ:高知市文化プラザかるぽーと
・電話:088-883-5011(代表)
(教室についてのお問い合せは,直接しないようお願い致します。)
・Googieマップ:https://goo.gl/maps/aUpmrz63FPK2
 
■お申込み・お問合わせ
・以下のメールフォーマットからのお申し込みください。
・FAXやメールでのお申し込みも可能です。
・TELでのお問い合わせについてはチラシの電話番号をご確認ください。
・お申込後のキャンセルについても、ご連絡欄にその旨お書き添えください。


 

・キャンセル待ちのご案内

■本日までのお申し込みで会場の定員となり、明日以降のお申し込みはキャンセル待ちです
・多数のお申し込みをいただき、ありがとうございます。
・本日、1月31日までのお申し込みをいただいた方には、ご参加いただけます。
2月1日(木)からのお申し込みは、キャンセル待ちとして受付いたします。
・すでにお申し込みをいただいた方のキャンセルがありましたら、2月1日以降のお申し込み順に、参加のご案内をいたします。
・キャンセル待ちでお申込みいただきましても、会場の定員により、ご参加いただけない場合がありますので、あしからずご了承ください。
・ご都合によるキャンセルのご連絡、その他、ご参加についてのお問い合わせについては、以下のメールフォームの「ご連絡欄」にその旨をご記入の上、ご連絡ください。

申込メールフォームはこちら(このページの真ん中あたりにあります)
 

・WEBからのお申し込みについて

■メールフォームより送信すると、折り返し自動返信のメールが届きます。
 @tosskochi.net からのメールを受信できるよう設定ください。
・携帯各社のキャリアメール、ドメイン指定受信の設定 →docomo →au →softbank
・自動返信のメールをご確認いただいて、お申込完了です。
・もし届かない場合は、迷惑メールの設定についてもご確認ください。

■このWEBサイトのメール情報配信サービスを希望される方へ
・メール配信情報サービスへのご登録をご希望の場合は、合わせてお申込み下さい。
・登録は無料です。お気軽にご登録ください。
・登録後、不要になりましたら、以下のページの「停止メールフォーム」よりお知らせください。
このサイトについて
 

・申込メールフォームはこちら

・申込受付は終了しました
 

・FAXを送信できない件について

郵送されたチラシのFAX番号の記載が誤っております。掲載番号には送信しないでください。
昨年12月末に各学校宛に郵送もしくは市内便でお送りした チラシの「FAX申込先」の記載が誤っている ことが判明しました。「何度もFAXしたのに送れなかった」というご連絡もいただきました。たいへんご迷惑をおかけしております。

・チラシ下側の「FAX申込先」050番号は、「問い合わせ用IP電話の番号」です。  こちらにFAXしてもFAXでの送信はできず、お申し込みできません。
・チラシ右側の「②左の欄にご記入の上、FAXでお申し込みください。」の下に記載している 020番号 も、「誤った番号」です。こちらにFAXした場合、送信できないか、他の事業所などへ送信されてしまいます。

・正しいFAX番号は、 020-4623-5942 となります。こちらの番号へ送信ください。

・このページの申込メールフォームからお申し込みの場合、お申し込み後に、自動送信のメールにて受付確認のご連絡を行っています。メールフォームからのご利用をおすすめしております。
申込メールフォームはこちら(このページの真ん中あたりにあります)
・このページのチラシについては、申込先を正しく記載しております。どうぞダウンロードしてご利用下さい。ご不明の点は、事務局までお問い合わせ下さい。

セミナー画像
 

・FAXでのお申し込みについて

■FAXでのお申込みも可能です。FAX番号にご注意下さい。
・FAX宛先:020-4623-5942

■このFAXはインターネットサービス「D-FAX」を利用しています。
・「D-FAX」のサービスについて、詳しくは こちら
・この番号宛にFAXを送信する際、送信者様に通信料金がかかります。詳しくは こちら
・FAXがうまく送信できない場合があります。詳しくは こちら
 

・お問い合せ

■ご不明な点はお気軽にお問い合せ下さい。
お問い合せメールフォーム
お電話でのお問い合わせについて

■メールでのご連絡は以下までお願いいたします。
・事務局からのご連絡は、Yahoo!のメールで行っています。
   @yahoo.co.jp からのメールを受信できるよう設定してください。
・ご連絡が深夜早朝になる場合があります。あしからずご了承ください。

[TOSS高知・授業改善セミナー事務局]藤﨑 富実子
・メール:fujisaki★★tosskochi.net (★★を@に変更してください)
[高知のTOSS]サイト管理者
・メール:start17★★tosskochi.net(★★を@に変更してください)

■個人情報の取り扱いについて
・申し込みやお問い合せで、お知らせいただきました個人の連絡先などにつきましては、ご案内などに活用させていただき、[TOSS高知]にて保管・管理させていただきますので、予めご了承ください。詳しくは、以下のページをご確認ください。
このサイトについて 
 
■いままでのセミナーの情報
・全国各地で行われているセミナーについてお知らせします。
 

・各地のセミナー情報

【熊本県】向山型 「国語B問題」 指導者養成 セミナーin熊本
・2018年3月25日(日)13:00~16:00:熊本森都心プラザ・会議室

【神奈川県】椿原正和の国語学力テストB問題もスラスラ解ける!国語授業力向上セミナー
・2018年2月17日(土)14:00~17:00(受付13:30より)

【群馬県】全国学テB問題に対応!第2期椿原正和の国語授業力向上セミナー
・2017年12月3日(日)10:00~13:00:高崎市労使会館

【愛媛県】椿原正和の全国学力・学習状況調査をふまえた授業改善セミナー
・2017年7月25日(火)13:30~15:30:道の駅津島  やすらぎの里 大ホール

【山形県】椿原正和の全国学テ国語B問題対策セミナーin山形
・2017年3月25日(土)14:00~16:00(受付13:30より):山形テルサ大会議室

・2017年3月11日(土) 14:00~16:00: 天文館ビジョンホール

【奈良県】椿原正和の全国学力・学習状況調査をふまえた授業改善セミナーin奈良
・2017年3月5日(日)13:00~15:00(受付12:30): 橿原市立かしはら万葉ホール 

【群馬県】全国学テB問題に対応!椿原正和の国語授業力向上セミナー
・2017年2月26日(日):高崎市労使会館

【北海道】椿原正和の全国学力・学習状況調査をふまえた授業改善セミナー
・2017年1月22日(日) 10:00~12:00:北海道立道民活動センター
 

・参加者の声

今までに行われたセミナーに参加された先生方の感想です
・衝撃的なセミナーでした。B問題に具体的な解き方や答え方があり,子どもたちへの指導法があるとは驚きでした。このような提案は,日本初だと思います。本校の職員や子どもたちに一刻も早く伝えたいです。(広島・小学校校長)

・〇で囲む,線で結ぶ,書き込むという作業を介する極めて明確な答え方,解き方の指導でした。今,中学校では高校入試に向けてそれぞれの教科で取り組んでいますが,その指導としても有効であると感じました。本校でも椿原先生をお招きし,研修ができるようになればと思います。(北海道・中学校校長)

・椿原先生には,市内の先生方に話をしていただきたいと思います。(市教研の研修会等で)よろしくお願いいたします。(鳥取・教頭)

・現場の教師が今日のような指導を日々やっていくと,達成感がもてる子どもが増えると思います。子どもの現状も必ず改善していけると感じました。(島根・指導主事)

・B問題は「解きたくない」「採点したくない」と思っていましたが,この講座を受けて,まったく逆の思いになりました。一人でも多くの教師に,多くの学校に広まっていくことを願います。知り合いの校長先生や研究主任に伝えるなど,できることをしたいと思います。(愛知・指導主事)
 

・ある参加者の感想

椿原先生との出会い,そして学んだこと~ある参加者の感想~
 私は今でもあの衝撃を忘れることができない。8月上旬の夜に開かれた椿原塾。失礼ながら,わたしはそれまで椿原先生のことを全く知らなかった。私はほんの軽い気持ちで参加したのだが,「どうせ私費を払って参加するなら一番前の席を取って下さい」と事務局の先生にお願いし,会場入りした。
 約2時間の授業。教育にかける熱さだけなら負けない自負はあるのだが,椿原先生には,それに理論と実践が加わっていた。参加者全員が,全学調の国語B問題の過去問を解いていったのだが,授業の小気味よさがたまらなかった。椿原先生は,他の先生と同じように校長である私にも何度も指名した。残念ながら半分程しか答えられなかったのだが,はずかしさはあまりなかった。実践に裏打ちされた理論と理論に基づいた実践。このような実践を続けることができるなら,子どもたちは絶対に力をつけることができると思った。
 当日は本校から私を含めて4名の教師が参加していたのだが,椿原先生をぜひとも本校の校内研修の講師に招聘したいと考え,その日のうちに交渉し内諾を得ることができた。
 8月31日,椿原先生を本校の校内研修にお招きし,15:00~16:30の90分間,本校の先生方に授業をしていただいた。内容は,椿原先生の学級経営等の実践の紹介と全学調の国語B問題の過去問を解いていくこと。授業の熱さと小気味よさは前回同様であった。先生方一人一人の感想等を聞くことができなかったが,私同様衝撃を受けておられたことは間違いない。
 その後本校では,12月の県学調(ゆうチャレンジ)に向けて,合計7回国語B問題の過去問の解き方・考え方の指導を3年生以上の全クラスで行った。学校全体として,国語の「読むこと・書くこと」に関しては,満足する結果を得ることができた。やはり,教師がきちんと指導したこと,子ども自身が解き方を理解できたことは,結果として返ってくることを実感した。
  次年度は,本校の子どもたちに直接指導していただきたいと密かに考えている。 
 椿原先生には,感謝の気持ちでいっぱいである。 (熊本県公立小学校校長)
 

・Facebookイベント

 
サイト内検索

サイト内リンク
教師向けセミナー子供向け取り組み教育コンテンツ関連書籍資料サークル案内このサイトについてお問い合わせ

・活動スケジュール

 

・関連リンク

・モバイルリンク

■このサイトは,スマートフォンや携帯電話などのモバイル端末に対応しています。QRコードを端末で読み取りアクセスできます。
 QRコード
・コンテンツの一部は,モバイル端末では表示されません。その場合は,パソコンなどからアクセスしてください。
 

   Copyright(C)2009-2018 TOSS-kochi All rights reserved   
PAGE TOP